So-net無料ブログ作成

地域主権2法案を閣議決定(時事通信)

 政府は5日、「国と地方の協議の場」を設置するための法案と、国が地方の業務を縛る「義務付け」の見直しを盛り込んだ地域主権改革一括法案を閣議決定した。
 協議の場の設置は、鳩山政権が掲げる重要施策の一つ。地方自治に影響を及ぼす国の政策について、閣僚と全国知事会などの地方代表が対等に議論する。一括法案は、公営住宅の整備基準や道路構造の技術的基準などを自治体条例に委ねる内容で、関係する41の法律をまとめて改正する。 

【関連ニュース】
外国人参政権を議論=4月6日に臨時知事会議
協議概要、国会に報告義務=「国・地方」法案の全容判明
「国・地方協議」、首相に招集権=骨子案まとまる
鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に

ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?(産経新聞)
妻子を拳銃で撃ち自殺か…伊勢崎4人死亡火災(読売新聞)
「事故で子供けが」 保険金詐欺で男女11人逮捕(産経新聞)
「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
道教委教育長、北教組政治活動の早期の実態把握実施 北教組幹部の事情聴取も(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。