So-net無料ブログ作成

コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は18日、園内の人工巣塔で、大陸から飛来したとみられる野生のコウノトリの雌(推定4歳)と07年に放鳥した雄(4歳)のひな1羽を確認したと発表した。野生と放鳥のペアからひながかえるのは初めて。同公園は「飼育し放鳥されたコウノトリ以外の新しい血統が入ることになり、遺伝的な多様性の点で意義深い」としている。

【分かりやすく解説】コウノトリの野生復帰支援など 「ふるさと納税」に知恵絞る

 雌は06年に豊岡市に飛来し、愛媛県西予市との間を何度も往復していることから、「エヒメ」の愛称で呼ばれている。2羽は昨年ペアになって園内で産卵したが、ふ化には至らなかった。今年は3月15日以降に5個の卵が確認され、うち1個がかえった。

 放鳥したコウノトリや放鳥後に生まれた2世は野外に計35羽いる。しかし血統で分類すると六つにくくられ、近親交配の確率が高い。エヒメはロシアや中国から渡って来たとみられ、これらの血統に属さない点で貴重という。

 巣の中の1個はカラスが持ち去っており、同公園は残る3個の観察を続けている。【藤田宰司】

【関連ニュース】
【動物の写真で癒やされよう】大きな口を開けてえさを待つコアジサシのヒナ
【動物の親子 写真特集】シロクマ:温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見た
【動物の親子 写真特集】カラフトマスを捕らえたヒグマの親子
【赤ちゃん写真特集】カワウソの赤ちゃん、愛らしい仕草が人気

<エコ卒塔婆>間伐材を利用 広島の寺院、全国から注文(毎日新聞)
NASA 「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
中国公安省幹部が来日へ=ギョーザ事件で情報交換−警察庁(時事通信)
特養のユニット型居室面積基準引き下げへ―厚労相方針(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。