So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

自殺防止の対策チームを新設へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月26日の閣議後の記者会見で、昨年の自殺者数が過去5番目に多い3万2753人を記録したことを受け、自殺防止の対策チームを新設すると発表した。

 会見で長妻厚労相は、昨年の自殺者数について「1日当たり90人の自殺者が出ていることになる。依然として非常に高い水準」とした上で、厚労省として対策チームを新設するだけでなく、福島瑞穂消費者・少子化担当相とも連携し、自殺防止のための活動を推し進める方針も明らかにした。
 昨年の自殺者数(暫定値、警察庁発表)は、男性が2万3406人、女性は9347人。都道府県別では、東京(2989人)が最も多く、次いで大阪(1982人)、神奈川(1798人)、埼玉(1796人)、愛知(1623人)の順。年間自殺者数が3万人を超えたのは、1998年以来、12年連続となった。


【関連記事】
自死遺族ケアをテーマに12月にシンポ
自殺者11年連続で3万人超
職場のうつ病、「治る希望持たせて」
自殺の原因、「うつ病」が最多

ニプロ、「フーバー針」を自主回収(医療介護CBニュース)
大阪市の消防士、起こされ立腹し地下鉄職員を殴る(産経新聞)
万引き容疑者、飛び降り死亡=警官追跡中、12階屋上から−大阪(時事通信)
稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)
片山氏には大島幹事長が伝える 参院公認見送り(産経新聞)

<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)

 東京都江戸川区東松本1のアパートで、同区立松本小1年の岡本海渡(かいと)君(7)が両親から虐待され死亡した事件で、海渡君は約1年前から暴行を受けていた疑いがあることが近所の人の話で分かった。背中や両腕には暴行の跡とみられる古いあざが複数あり、警視庁小岩署は傷害容疑で逮捕した父親の電気工、岡本健二(31)と妻で無職の千草(22)両容疑者が暴行を繰り返していたとみて捜査している。

 近所の人によると、3人が住むアパートでは、1年ほど前から「こら」と男が怒鳴る声や「ごめんなさい」「やめて」と泣き叫ぶ声、ドスンという大きな物音が昼夜を問わずに聞こえていたという。近所の会社員男性(44)は「昨年夏から暴行がエスカレートしていた感じだったので、秋に江戸川区役所に通報した」と話す。

 一方、墨田児童相談所は昨年9月、「身体的虐待の疑いがある事案」として、海渡君の虐待について江戸川区から報告を受けたという。報告では、両容疑者が学校側と面会し、虐待を認めたうえで「反省している、二度としない」と話したため、海渡君の状況を見守ることにしていたという。【古関俊樹、神澤龍二】

【関連ニュース】
傷害:容疑で両親逮捕 7歳長男を虐待で死なす 東京
児童虐待防止:親権停止も必要 法務省研究会報告書提出へ
長男虐待:風呂に顔沈めた疑い、25歳母を逮捕 北九州
傷害:7歳長男を虐待死 容疑で両親逮捕「食事遅く、しつけで」−−東京・江戸川
暮らし・教育 『懐妊の聖母 ある児童養護施設の記録』=野村篤・著

<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)
<雑記帳>自民党本部に屋台 幹事長も腕振るう(毎日新聞)
夜中に「バーン」水道管破裂、周辺は浸水・避難(読売新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)
<成人式妨害>騒ぎ、壇上を走る 容疑者5人を逮捕 秋田(毎日新聞)

元事務長、二審も無期=岐阜一家6人殺傷−名古屋高裁(時事通信)

 岐阜県中津川市で2005年2月、一家6人を殺傷したとして殺人と殺人未遂の罪に問われた同市老人保健施設の元事務長原平被告(62)の控訴審判決公判が26日、名古屋高裁であり、片山俊雄裁判長は無期懲役とした一審判決を支持し、死刑を求刑した検察側、量刑不当とした弁護側双方の控訴を棄却した。
 一審では刑事責任能力が争点だった。岐阜地裁は昨年1月、完全責任能力を認めたが、母親との確執で追い詰められた末の一家心中だったことなどを考慮し、死刑を回避した。
 控訴審で検察側は「親族5人を殺害し、1人に重傷を負わせた凶悪重大事犯。遺族には極刑を望む者もおり、無期懲役は著しく軽い」として、改めて死刑を求めた。
 弁護側は「被告は心神耗弱状態で、限定責任能力しかなかった」と主張。「完全責任能力があったとしても、うつ病などのため、一家心中しかないとの考えに縛られていた」などと述べ、有期刑が相当としていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
きょう元事務長の控訴審判決=一審無期、死刑適否が焦点
死刑求刑の元組幹部に無期判決=男性2人死なせ埋める
オウム新実被告の死刑確定へ=「実行者、重要な役割」
中国籍の女に死刑求刑=夫と替え玉3人殺害で検察側

東京・江戸川区の郵便局に強盗、500万奪う(読売新聞)
菅家さん、謝罪求める=元検事「厳粛に受け止める」−足利再審公判(時事通信)
政教分離訴訟 原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
ロープウエー地上30m宙づり、整備の2人乗せ(読売新聞)
小沢氏会見詳報(3完)「不正はないという主張は断然貫く」(産経新聞)

公衆トイレに女性の遺体=「母親殺した」と電話−神戸(時事通信)

 18日午後1時15分ごろ、神戸市中央区波止場町の公園「メリケンパーク」の公衆トイレで、兵庫県警水上署の署員が女性の遺体を発見した。直前に県警本部に「母親を殺した」と男の声で電話があったことから、同署は殺人事件とみて捜査している。
 同署によると、女性は80〜90歳ぐらい。身体障害者用のトイレ内で車いすに座って死亡しており、首に絞められたあとがあった。ジャージー姿でショールなどがかけられており、服装の乱れはなかった。身元を示す所持品や遺書などはなかったという。 

【関連ニュース】
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減
7カ月長男死なせる=病院行かずに「手かざし」
拳銃持ち出頭の会社員逮捕=殺人事件との関連捜査
マンションで男性撃たれ死亡=暴力団幹部か、殺人で捜査

都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)
石川議員「偽装工作」認める=小沢氏関与の4億円融資−東京地検(時事通信)
小沢氏、首相公邸を無言で出る(産経新聞)
犯人が捨てる?路上に被害者購入品…札幌の殺人(読売新聞)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)

<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)

 支払期限から最長2年しかさかのぼって納められない国民年金保険料を巡り、旧社会保険庁(1月から日本年金機構)が04年4月〜06年5月に時効を超えて不正な後払いを644件認めていた問題で、厚生労働省は18日、218人に厳重注意処分をしたと発表した。全体で369人が処分相当者だったが、151人は既に退職し処分できなかった。

 処分は昨年12月28日付で、処分者は当時の社保庁長官。文書による厳重注意が85人、口頭による厳重注意が133人。644件中197件が集中していた京都西社会保険事務所(現年金事務所)の元業務次長については自ら時効を超えた収納を容認し指示していたとして訓告処分相当と判断したが、退職しており処分できなかった。ほかに文書による厳重注意の処分相当者34人、口頭による厳重注意の処分相当者116人も退職し処分できなかった。【野倉恵】

【関連ニュース】
日本年金機構:業務始まる 「信頼回復」へ不安と期待
社保庁:分限免職525人 うち401人退職金割増を希望
長妻厚労相:「不祥事申し出を」旧社保庁職員・OBに書面
年金機構:「新組織で信頼回復を」発足式で厚労相
平野官房長官:厚労相に異例の直談判 社保庁職員救済で

自民・青木氏が出馬表明(時事通信)
石川議員逮捕 「大きな闇解明を」“敵失”に勢いづく野党(産経新聞)
「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載(医療介護CBニュース)
<殺人>別の男性殺害も供述 宮城県警に強殺罪の被告ら(毎日新聞)

「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示(時事通信)

 任期満了に伴う沖縄県名護市長選挙が17日、告示される。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題を争点に、条件付きで移設受け入れを容認する現職と、移設反対の新人の一騎打ちとなる見通し。24日に投開票される。激戦は必至で、選挙結果は同飛行場移設をめぐる政府・与党の議論に影響を与えそうだ。
 これまでに出馬表明したのは、現職で再選を目指す島袋吉和氏(63)と、新人で元市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=の無所属2氏。 

【関連ニュース】
説明不十分なら審議拒否も=自民・川崎氏インタビュー
「移設に断固反対」=普天間問題で意見書
普天間決着「悲観的」=行き詰まり想定し代案検討を
「対等な関係」には応分の責任=安保改定50年で米高官
普天間、現行計画は困難=駐日米大使に既に伝達

ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金(読売新聞)
小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)
ハイチ地震への支援検討=官房長官(時事通信)
将棋 初日から激戦に突入…王将戦・第1局(毎日新聞)

小沢幹事長「できる限り公正な捜査に協力する」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市内で記者会見し、自身の資金管理団体の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件について、参院選に与える影響を認めるとともに、捜査当局に協力する考えを示した。

 主なやりとりは以下の通り。

 −−若い候補を参院選(の福井選挙区)で擁立し今度こそ自民党に勝てるという期待が高まっているが、今回の政治資金規正法違反で、参院選勝利の妨げにならないのか。参院選への影響は

 小沢氏「あの、ちょうど、1年前の3月に始まりました、私の不徳の致すところでございますが、それはもちろん、これだけメディアの報道も多く批判をいただけば、それは今のままであれば、影響は出てくるということはあると思いますけども、私としてはできる限り公正な捜査に協力しながら、早い機会に国民の皆さんにも理解できる結論を得て参院選に臨みたいと思っています」

 −−この時点で幹事長職の今後をどう考えているのか

 小沢氏 「ただいま県政記者クラブの代表にお答えしたのと同じであります。自分の職責は党の幹事長として、なかんずく選挙に全力を尽くすことであります。

 従ってその選挙にできるだけ影響のないように速やかな結論を得たいと思っておりますし、必ず、国民の皆さんの理解を得られるというふうに私としては思っている。

 いずれにしても、決して選挙にプラスではありませんので、できるだけ、とにかく早く、解決を致したいと思います」

 −−世論調査では幹事長辞任を求める声が多いが

 小沢氏「去年の3月もそうでした。しかし、それなりにきちんと説明をした結果、国民のみなさんも理解していただけたと思っております。

 私も去年の3月の事件の後もずっと全国を回って皆さんの理解をいただき、政権を負託されたわけであります。その基本的な姿勢と考え方は変わっておりません」

 −−今後説明は・・・

 小沢氏「まだ中央での会見は拒否していないので、そういう中央の政局がらみの話は中央でお願いします」

【関連記事】
鳩山首相「幹事長信頼して一枚岩に」
どうなる進退? 小沢氏が福井で記者会見「選挙に影響ないよう結論」
鳩山首相、小沢氏事件で「一蓮托生議論はナンセンス」
景気対策、財政再建でも激論必至 「政治とカネ」と波状攻撃
徹底対決!民主が“検察リーク”対策チーム 小沢氏関連事件で

<毎日映画コンクール>09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
同行番記者の質問拒否=「政局絡みの話は中央で願う」−小沢氏(時事通信)
菅家さん「犯人でないとわかる」…録音テープ再生へ(読売新聞)
【葬送】「おい!鬼太郎」…目玉おやじ役の声優・田の中勇さん(産経新聞)
<米牛肉>危険部位混入 2施設の禁輸解除 農水、厚労省(毎日新聞)

首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は21日付の鳩山内閣メールマガジンで、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件に触れ、「政権交代を成し遂げた同志であり、小沢幹事長からの潔白を証明したいとの決意表明を了とした」と小沢氏を擁護した。
 一方で「検察を批判したり、捜査に予断を与えようとする気持ちは一切ない」と強調。「小沢幹事長が自身の判断で、身の潔白を説明することが望ましい」との考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

日中領事協定、来月発効(時事通信)
法制局長官に梶田氏(産経新聞)
雑記帳 「聖地」で恋活パーティー 香川・宇多津町(毎日新聞)
<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人(時事通信)

<福俵引き>七福神が家人と綱引き 大分・天瀬町高塚(毎日新聞)

 高塚愛宕地蔵尊の門前町、大分県日田市天瀬町高塚で14日夜、新春の名物行事「福俵引き」があった。地域の若者が扮(ふん)した七福神が42戸を訪問し、大騒ぎで家人と幸運を呼ぶ福俵の綱引き合戦を演じた。

 地域おこしのため、四十数年前(一時中断)に始まった。色とりどりの衣装の七福神2組は地蔵尊に参拝後、町に繰り出した。民家の玄関に縁起物の五穀入り福俵(長さ約40センチ、直径20センチ)を投げ込み、「いおうち(祝って)くれ」「引いちょくれ」とはやし立てながら、家人と福俵の綱を引き合った。

 大抵は屈強な若者の七福神の勝ち。しかし、昨年中に結婚など慶事があった家庭では七福神が「必敗」し、4戸で景気よく福俵を引き渡した。【楢原義則】

首相、公邸にこもる=秘書官通じコメント(時事通信)
首相動静(1月14日)(時事通信)
「小沢事務所側から依頼がありましたか」弁護人が反撃(産経新聞)
大阪でコンビニ強盗相次ぐ(産経新聞)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。