So-net無料ブログ作成
検索選択

<日米外相会談>「同盟」テコ、対米優先に地元反発(毎日新聞)

 米中戦略経済対話のための訪中前に急きょ来日を決め、滞在約4時間の強行日程をこなしたクリントン長官。岡田外相は共同会見で「東アジアの不安定性が顕在しつつあり、日米同盟の重要性が増している。重要かつ時宜を得た会談だった」と評価した。政府は北朝鮮問題などで日米同盟の重要性を強調し、抑止力としての米軍の役割をアピールすることで、普天間問題の早期決着に理解を求める狙いがある。

 一方、米国にとっても、北朝鮮やイラン問題を抱える中、日米同盟がギクシャクし続ける事態は避けたい。クリントン長官は「米国は日本の防衛に強い決意を持っている」と強調し「基地のある地域へのインパクト(影響)を最小限にとどめたい」と沖縄の負担軽減に配慮を示した。

 ただ、首相の再訪を23日に控え、沖縄や社民、国民新両党の「日米合意先行」に対する反発は強まる。「『辺野古周辺』は撤回してほしい。首相は『県外、国外』を実行すべきだ」。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は21日の会見で訴えた。社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長も同日、官邸で平野博文官房長官に会い「地元や連立3党の合意なく日米共同声明を行うことは認められない」と主張。国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は講演で「『県外、国外』を含めて今後とも米国と交渉すべきだ」と反発した。

 政府は28日にも普天間問題に関する対処方針を発表する構えだが、21日に外務省であった日米審議官級協議は、移設先を米軍キャンプ・シュワブがある「沖縄県名護市辺野古周辺」と明記するかなど、日米共同声明の内容を巡って合意に至らず、調整は継続中だ。

 クリントン長官は「米軍の運用条件を満たし、政治的にも実現可能な解決策を見つけたい」と語ったが、地元や連立与党の合意がなければ「政治的に実現可能」な条件を満たすことは困難。普天間決着は肝心の足元が定まっていない。【野口武則、西田進一郎】

<事業仕分け>第2弾後半2日目 浄化槽設備士、試験講習丸投げ(毎日新聞)
地域主権戦略大綱の骨子を了承(産経新聞)
北朝鮮関係船舶の検査可能に=貨物検査特措法が成立(時事通信)
鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁(産経新聞)
<タクシー強盗>銀行の2副支店長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)

<雑記帳>JR青森駅をテーマにしたエッセー募集(毎日新聞)

 12月の東北新幹線新青森駅開業を控え、青森県内の観光情報発信などに取り組む非営利組織(NPO)「青森編集会議」(青森市)が現JR青森駅をテーマにしたエッセー「私の青森駅−思い出800字」を募集している。

 1891(明治24)年の開業以来、青函連絡船への乗換駅などとしてにぎわった、青森駅の記憶を継承するのが狙い。

 集団就職や修学旅行、出稼ぎ、受験など内容は不問。約4キロ西の新青森駅開業後は乗降客減少で「思い出」の駅となる恐れもあるだけに、再び訪れてみたくなるようなエッセーが期待される。締め切りは8月31日。問い合わせは青森編集会議(017・782・1261)。【山本佳孝】

【関連ニュース
新幹線:八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か
東北新幹線:緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響
雑記帳:アップルパイマップでPR 青森・弘前
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
JR東日本:初の女性新幹線運転士が乗務 福島の酒井さん

普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)
サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)
教職員人事権移譲を大阪府北部5市町が広域連携で受け入れへ 全国初(産経新聞)
<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。