So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 (産経新聞)

 民主党の細野豪志幹事長代理は11日朝のテレビ朝日番組で、国民新党の亀井静香代表が同日未明に郵政改革・金融相の辞任を表明したことを細野氏が報告に行った際、菅直人首相はぐっすり寝ていたことを明らかにした。

 細野氏は11日未明、亀井氏の辞意の報を伝えるため、菅首相が宿泊している東京・紀尾井町のホテル・ニューオータニに駆けつけた。細野氏は「私が菅総理をたたき起こして亀井大臣に電話していただいた」と述べ、菅首相に亀井氏を慰留する電話をかけるよう頼んだことを明かした。

 細野氏は「(菅首相は)昨日、国民新党のみなさんと(民主党執行部が)いろいろと交渉しているのは知っていたが、そういう事態(亀井氏の閣僚辞任)にまで発展しているとは知りませんでしたね。(報告した際、首相は)はじめはちょっと、寝ておられたので、事態を把握できない雰囲気もなくはなかったんですが、すぐ、ああいう人ですから、ぱっとお分かりになって、電話をされた」などと語った。

【関連記事】
亀井金融相辞任…菅内閣わずか2日で大混乱
自民幹事長、亀井辞任は「内閣の信頼性ない」証拠
辞任の亀井氏「私の後は自見氏に」
世論調査は信用できるか…透明性の確保が大事
菅首相、不透明な対北朝鮮スタンス
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

辞職は国会閉幕後=小林議員(時事通信)
<梅雨入り>関東甲信、東北南部も 平年より遅く(毎日新聞)
<民主党>小沢氏の政倫審出席は応じず 「時間的余裕ない」(毎日新聞)
シー・シェパード元船長に懲役2年を求刑(読売新聞)
<中川順さん>7月5日にお別れの会 元民放連会長(毎日新聞)

首相「3者協議、結論出てない」議員総会で意向表明(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日朝、民主党の小沢一郎幹事長らとの1日夕の会談について「結論は出ていない。それぞれの考え方を述べあった。今日にも議論を続けようとなっている。その間はお互いの考え方を貫くということだ」と述べ、首相の進退問題をめぐる協議が平行線をたどっていることを明らかにした。首相公邸前で記者団に答えた。

 さらに首相は、首相退陣を求める声が強まっていることを受けて同日午前10時から緊急開催する民主党両院議員総会に参加する意向を示した上で、「私の思いをしっかりと申し上げる。ぜひ聞いてください」と強調した。首相は小沢氏らとの会談で退陣を拒否し、続投に意欲を示している。

【関連記事】
民主首脳による「危機の種」除け
首相進退問題 トップ2人の共同責任だ
首相、口蹄疫で初の宮崎入り
続投意欲 グッドサイン 小沢・輿石氏は賛同せず
首相の素顔 「愚かさ」の裏にしたたか処世術
「はやぶさ」帰還へ

神戸のパンダ、レンタル延長で合意へ 中国に年50万ドル(産経新聞)
民主、国新が党首会談=連立めぐり協議(時事通信)
がん組織、有機ELで発光=早期発見に活用も―群馬大(時事通信)
<泉南石綿訴訟>原告側も大阪高裁に控訴 国の控訴受け (毎日新聞)
たちあがれ、比例で杉村太蔵氏擁立(産経新聞)

<日米外相会談>「同盟」テコ、対米優先に地元反発(毎日新聞)

 米中戦略経済対話のための訪中前に急きょ来日を決め、滞在約4時間の強行日程をこなしたクリントン長官。岡田外相は共同会見で「東アジアの不安定性が顕在しつつあり、日米同盟の重要性が増している。重要かつ時宜を得た会談だった」と評価した。政府は北朝鮮問題などで日米同盟の重要性を強調し、抑止力としての米軍の役割をアピールすることで、普天間問題の早期決着に理解を求める狙いがある。

 一方、米国にとっても、北朝鮮やイラン問題を抱える中、日米同盟がギクシャクし続ける事態は避けたい。クリントン長官は「米国は日本の防衛に強い決意を持っている」と強調し「基地のある地域へのインパクト(影響)を最小限にとどめたい」と沖縄の負担軽減に配慮を示した。

 ただ、首相の再訪を23日に控え、沖縄や社民、国民新両党の「日米合意先行」に対する反発は強まる。「『辺野古周辺』は撤回してほしい。首相は『県外、国外』を実行すべきだ」。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は21日の会見で訴えた。社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長も同日、官邸で平野博文官房長官に会い「地元や連立3党の合意なく日米共同声明を行うことは認められない」と主張。国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は講演で「『県外、国外』を含めて今後とも米国と交渉すべきだ」と反発した。

 政府は28日にも普天間問題に関する対処方針を発表する構えだが、21日に外務省であった日米審議官級協議は、移設先を米軍キャンプ・シュワブがある「沖縄県名護市辺野古周辺」と明記するかなど、日米共同声明の内容を巡って合意に至らず、調整は継続中だ。

 クリントン長官は「米軍の運用条件を満たし、政治的にも実現可能な解決策を見つけたい」と語ったが、地元や連立与党の合意がなければ「政治的に実現可能」な条件を満たすことは困難。普天間決着は肝心の足元が定まっていない。【野口武則、西田進一郎】

<事業仕分け>第2弾後半2日目 浄化槽設備士、試験講習丸投げ(毎日新聞)
地域主権戦略大綱の骨子を了承(産経新聞)
北朝鮮関係船舶の検査可能に=貨物検査特措法が成立(時事通信)
鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁(産経新聞)
<タクシー強盗>銀行の2副支店長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)

<雑記帳>JR青森駅をテーマにしたエッセー募集(毎日新聞)

 12月の東北新幹線新青森駅開業を控え、青森県内の観光情報発信などに取り組む非営利組織(NPO)「青森編集会議」(青森市)が現JR青森駅をテーマにしたエッセー「私の青森駅−思い出800字」を募集している。

 1891(明治24)年の開業以来、青函連絡船への乗換駅などとしてにぎわった、青森駅の記憶を継承するのが狙い。

 集団就職や修学旅行、出稼ぎ、受験など内容は不問。約4キロ西の新青森駅開業後は乗降客減少で「思い出」の駅となる恐れもあるだけに、再び訪れてみたくなるようなエッセーが期待される。締め切りは8月31日。問い合わせは青森編集会議(017・782・1261)。【山本佳孝】

【関連ニュース
新幹線:八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か
東北新幹線:緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響
雑記帳:アップルパイマップでPR 青森・弘前
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
JR東日本:初の女性新幹線運転士が乗務 福島の酒井さん

普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)
サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)
教職員人事権移譲を大阪府北部5市町が広域連携で受け入れへ 全国初(産経新聞)
<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)

ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、日中警察当局による情報交換会議は21日、警察庁で初日の協議を行った。警察庁側は、逮捕された呂月庭容疑者を犯人として特定した中国側の捜査経緯や「メタミドホスを注射器でギョーザに混入した」とする供述、押収された注射器などの証拠について詳しく説明を求めたとみられる。22日も同庁で協議を継続する。

首相「自分も長く続けたい」魁皇に顕彰授与(読売新聞)
内部文書が大量流出=関係者名簿など1万人分以上−日大(時事通信)
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
中国 植樹100万本に 万里の長城周辺(毎日新聞)
<鳥取不審死>田口さん殺害容疑の立件断念 捜査本部解散へ(毎日新聞)

<雑記帳>高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)

 群馬県立自然史博物館は16日、同県高崎市内を流れる鏑(かぶら)川の川床で02年に発見されたクジラの化石が、新種と判明したと発表した。米専門誌に掲載された。

 発見したのは、同県みどり市総務課職員の清水勝さん(41)。当時は3日に1度は出勤前に発掘に出掛ける化石ファンで、当日は午前2時に起き、約1100万年前の地層が横たわる鏑川に向かった。

 古代のサメの歯を探すのが目的だったが、出てきたのはクジラの頭の部分。群馬県の別名「上毛」と清水さんの名字を冠し「ジョウモウケタス・シミズアイ」と命名され、清水さんは「歴史に名前を残せるなんて」とビックリ。【奥山はるな】

【関連ニュース
南ア猿人化石:男児が遊んでいる最中に偶然、発見
恐竜:豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初
雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元
新種鳥化石:地上走り回る ゴビ砂漠で発見
恐竜絶滅:1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ

首相一転「資料提出必要ない」…偽装献金事件(読売新聞)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)
図書館司書、シックハウス労災求め初提訴(産経新聞)
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)

コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は18日、園内の人工巣塔で、大陸から飛来したとみられる野生のコウノトリの雌(推定4歳)と07年に放鳥した雄(4歳)のひな1羽を確認したと発表した。野生と放鳥のペアからひながかえるのは初めて。同公園は「飼育し放鳥されたコウノトリ以外の新しい血統が入ることになり、遺伝的な多様性の点で意義深い」としている。

【分かりやすく解説】コウノトリの野生復帰支援など 「ふるさと納税」に知恵絞る

 雌は06年に豊岡市に飛来し、愛媛県西予市との間を何度も往復していることから、「エヒメ」の愛称で呼ばれている。2羽は昨年ペアになって園内で産卵したが、ふ化には至らなかった。今年は3月15日以降に5個の卵が確認され、うち1個がかえった。

 放鳥したコウノトリや放鳥後に生まれた2世は野外に計35羽いる。しかし血統で分類すると六つにくくられ、近親交配の確率が高い。エヒメはロシアや中国から渡って来たとみられ、これらの血統に属さない点で貴重という。

 巣の中の1個はカラスが持ち去っており、同公園は残る3個の観察を続けている。【藤田宰司】

【関連ニュース
【動物の写真で癒やされよう】大きな口を開けてえさを待つコアジサシのヒナ
【動物の親子 写真特集】シロクマ:温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見た
【動物の親子 写真特集】カラフトマスを捕らえたヒグマの親子
【赤ちゃん写真特集】カワウソの赤ちゃん、愛らしい仕草が人気

<エコ卒塔婆>間伐材を利用 広島の寺院、全国から注文(毎日新聞)
NASA 「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
中国公安省幹部が来日へ=ギョーザ事件で情報交換−警察庁(時事通信)
特養のユニット型居室面積基準引き下げへ―厚労相方針(医療介護CBニュース)

大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に生活保護者を囲い込み(産経新聞)

 生活保護の受給世帯が全国最多の大阪市は13日、日雇い労働者や野宿者の受給申請者に一時的に住まいや食事を無償で提供し、優良な不動産物件を紹介する支援事業を14日から始めることを明らかにした。受給者に安価な住居や食事を提供し保護費を“ピンハネ”する貧困ビジネス「囲い屋」の締め出しに向け、行政側が先に受給申請者を囲い込む措置。政令市では初めての取り組みとなる。

 市が13日開いた生活保護行政特別調査プロジェクトチームの会合で表明した。安定した住居のないすべての受給申請者が対象で、平成21年度実績による試算では約6千人。受給申請から保護決定までの1〜2週間の間、市内の更生・救護施設など13カ所に一時的に入所してもらう。

 施設では、市から委託を受けた社会福祉法人などが受給申請者に食事を無償で提供するほか、優良な不動産業者を紹介して住居物件を提示。基本的な生活指導も行うという。

 市によると、囲い屋は野宿者らに声をかけて生活保護を申請させ、住宅扶助上限の月額4万2千円の家賃で契約、アパートなどに囲い込むケースが多い。敷金・礼金ゼロのいわゆる「ゼロゼロ物件」に入居させた囲い屋らが、敷金扶助の上限の家賃7カ月分(29万4千円)を受給させていたケースも確認された。

 このため市は1月からゼロゼロ物件の敷金を保護費から支給せず、今月からは敷金扶助の上限を4カ月分に引き下げた。これで約17億円が削減できるという。

【関連記事】
労働者派遣法改正案 閣議決定
【週末に想う】貧困率? なんだ、こりゃ!
子供7人に1人「貧困」 不況ニッポン、乏しい支援
【日本の議論】“ショック療法”でワーキングプアは救えるか…時給1000円が「最低賃金」の是非
街頭犯罪の発生件数で大阪がワースト1を暫定返上
外国人地方参政権問題に一石

<多摩市長選>無所属新人の阿部氏が初当選 東京(毎日新聞)
<鳩山首相>「私も毎日、切られている」 殺陣見学でぼやく(毎日新聞)
<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)
羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)
チューリップ500本折られる=河川敷で、器物損壊で捜査−兵庫県警(時事通信)

「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)

 「民主党介護を考える議員連盟」会長の石毛●子衆院議員は4月7日、キャリアブレインの取材に、「介護保険法は一つの道具。地域ソーシャル法のような、(高齢者を抱える)地域や家族を支える制度が必要だ」と述べた。

 石毛氏は「地域包括支援センターが地域支援の総合窓口として機能していない」と、現行の介護保険法による地域支援の限界を指摘。さらに「ケアワーカーやケアマネジャーなど職能ごとの支援内容にも限界があり、要介護者の家族や地域住民などへの支援も不十分」と述べ、地域を支えるための包括的な制度が必要だとの認識を表明した。

 また、「厚生労働省と国土交通省の連携をもっと厚くしていくべき」と述べ、高齢者向け住宅政策での両省による連携が必要だとの考えも示した。

 介護従事者の給与水準については、「働くことの納得感を得られる処遇への見直しが必要」と話した。

●は金へんに英


【関連記事】
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―民主介護議連・藤田事務局長
民主の介護議連が設立総会
改正介護保険法施行法が成立
民主党の介護議連が31日に発足
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長

新党、5人確保=10日に旗揚げ会見−平沼氏ら(時事通信)
関東地方、昼過ぎにかけて大荒れ(読売新聞)
フィギュア 村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)
<2ちゃんねる名誉棄損>原告、元管理人の印税から賠償金(毎日新聞)
<桜島>爆発的噴火400回超す 昨年より約7カ月早く(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。